FC2ブログ

影の権力者 内閣官房長官菅義偉

自分が読んだ本
06 /17 2019


図書館で借りたので、バーコード部分は削除しました。

2019.4.8、2019.5.13 に紹介した本と、一緒に読まれたらいかがでしょう。

書かれた人によって見方が違うと、読んでいてあらためて思いました。

次回の紹介は、6月24日(月)予定
スポンサーサイト

世界 6  特集 日本型監視社会

自分が読んだ本
06 /10 2019


下記のページは、特に読まれたらいかがでしょうか? と読んで思いました。

P104~P168
特集 日本型監視社会
P199~P205
公共サービスの再公営化がなぜ進んでいるのか
 
次回の紹介は、6月17日(月)予定

追求力   権力の暴走を食い止める

自分が読んだ本
06 /03 2019


図書館で借りたので、バーコード部分は削除しました。

下記のページは、特に読まれたらいかがでしょうか? と読んで思いました。
P36~P85
第一章 森友・加計問題の真実を求めて
P86~P121
第ニ章 権力の暴走を食い止めるために
P122~P171
第三章 問う技術
 
次回の紹介は、6月10日(月)予定

--------

上記の本と別件で、

テレビ・新聞・ラジオ・・・等の報道は、権力側に媚びたりすることなく、仮に権力者側から圧力を加えられるようなことがあったとしても圧力に屈することなく、権力者側にたっての報道でなく、常に民の側にたって(民の代表として)権力側を常に監視され、取材した結果を民である視聴者・購読者に伝えてほしい。 と思うのは学のない私だけでしょうか?

未完のファシズム  「持たざる国」日本の運命

自分が読んだ本
05 /27 2019


図書館で借りたので、バーコード部分は削除しました。

下記のページは、特に読まれたらいかがでしょうか? と読んで思いました。
P109~P155
第五章 「持たざる国」の身の丈にあった戦争
P157~P205
第六章 「持たざる国」を「持てる国」にする計画
P229~P295
第八章 「持たざる国」を「持てる国」に勝つ方法
 
次回の紹介は、6月3日(月)予定

--------

上記の本と別件で、

今の社会が戦前回帰しているのでは?(戦前回帰に向かっているのでは?)と一部でいわれているようですが、大多数の民は今の社会が戦前回帰の社会になることを望んでいないと思いますし、戦前回帰にしてはいけないことと思います。

「戦争は違法」の世界の流れと日本国憲法9条

自分が読んだ本
05 /20 2019


図書館で借りたので、バーコード部分は削除しました。

下記のページは、特に読まれたらいかがでしょうか? と読んで思いました。
P4~P11
はじめに グローバルな視座で憲法9条をみる時代
P106~P113
6 おわりに 9条を生かしてこそ「戦争は違法」を現実のものに
 
次回の紹介は、5月27日(月)予定

--------

上記の本と別件ですが、

現在、憲法改正論議がされていますが、単に安倍首相が憲法改正を言われているからではなく、ご自身が支持している政党が憲法改正を言われているからではなく、また、社会の気運(流れ)で憲法改正を考えるのではなく、日本憲法の本・憲法改正に関しての本が多くだされているので、ご自身(民一人一人)が日本国憲法と憲法改正について見識を深め、「ご自身(民一人一人)が憲法改正賛成か?反対か?」を判断され、国民投票でご自身の考えを投票されたらいかがでしょう。 と思うのは学のない私だけでしょうか?

竹林の七賢

ブログへようこそ!