FC2ブログ

父さんはどうしてヒトラーに投票したの?

自分が読んだ本
09 /16 2019


09162.jpg

P12は、 現在も将来も時の政権に都合が悪い(反対・批判)本などを、選別/焼却処分するような社会にならないよう願いながら読みました。
P17は、 下部の写真横に書かれていることが、現在も将来もそのような社会にならないよう願いながら読みました。
P18は、 上部の写真横に書かれていることが、現在も将来もそのような社会にならないよう願いながら読みました。
P26は、 下部の写真横に書かれていることが、現在も将来もそのような社会にならないよう願いながら読みました。
      
下記のページは、特に読まれたらいかがでしょうか? と読んで思いました。
P40 若い読者のみなさんへ

児童書として書かれていますが、大人の方にもわかりやすく読める本と思いました。

「父さんはどうしてヒトラーに投票したの?」との題名ですが、ヒトラー(ナチス)に投票し政権第1党にしたことで、ドイツは12年間独裁の悪夢の中に生き最後は戦争で廃墟を経験したわけですが、すべては投票の結果であり投票の重みをあらためて認識させられました。そのことを考えれば、有権者一人一人がヒトラーの部分を「どうして○○○に投票した?」と置き換えて、現在そして将来も有権者一人一人が考え振り返ることが大切ではないでしょうか。 と思うのは学のない私だけでしょうか?

現在そして将来、ナショナリズムをあおる独裁的そしてファシズム的な政権が、日本・そして海外の国々で誕生したとしたら、ナチスは12年間存続しましたが何年存続するのでしょうか? と思うのは学のない私だけでしょうか?

次回の紹介は、9月23日(月)予定

-------

上記の本と別件で、

日本そして世界の国々で、現在も将来もファシズムの政党が生まれないことを願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来もファシズムの政権が生まれないことを願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来もファシズムの手法をとる政権が生まれないことを願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来も時の政権に都合が悪い本などを、選別/焼却処分するような社会にならないよう願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来も時の政権に都合が悪い反対・批判の意見(評)ができない社会にならないよう願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来もナチスがおこなった「安楽死政策」をしないように願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来も○○・突撃隊が生まれないことを願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来も○○・親衛隊が生まれないことを願います。
日本そして世界の国々で、現在も将来も○○・ユーゲントが生まれないことを願います。
日本で、現在も将来も戦前のような隣組制度が生まれないことを願います。


今の社会が戦前回帰しているのでは?(戦前回帰に向かっているのでは?)と一部でいわれているようですが、大多数の民は今の社会が戦前回帰の社会になることを望んでいないと思いますし、戦前回帰にしてはいけないことと思います。
上記のようにならないように、テレビ・新聞・ラジオ・・・等の報道は、権力側に媚びたりすることなく、仮に権力者側から圧力を加えられるようなことがあったとしても圧力に屈することなく、権力者側にたっての報道でなく、常に民の側にたって(民の代表として権力側を常に監視)され、取材した結果を民である視聴者・購読者に伝えてほしい。 と思うのは学のない私だけでしょうか?
スポンサーサイト



竹林の七賢

ブログへようこそ!